FC2ブログ

M20も狙ってみる

M27のあと、ついでにM20も狙ってみました。
総露出はちょっと短いけど。
M20-8x334
QHY178C (-15℃、GAIN40、OFFSET200)
8秒露出×334

右上隅に、ごまかしきれなかったアンプノイズが残っちゃいました。
はやくダークを撮り直さねば。



スポンサーサイト



M27も狙ってみる

M13の撮影後、まだ高度低いけどM27も狙ってみました。

M13では5秒露出でしたが、こちらは8秒で。
M27-8x475
QHY178C (-15℃、GAIN40、OFFSET200)
8秒露出×475

これもダーク無し。



ちょっと前進、M13

M100の撮影後、PHDの補正間隔を調整して、歩留まりの向上を図りました。
けっこう効果はあったみたいで、画面で見ていてもひどくいびつな星像は減ってました。

てなわけでM13を撮影。
M13-5x904
QHY178C (-15℃、GAIN40、OFFSET200)
5秒露出×904

この写真もダーク処理してないので結構ザラザラだし、フラットエイドのお世話になってアンプノイズ消してます。

1枚画像はこんな感じ。
23_03_06_00067.jpg
ゲイン上げまくりなので当然の結果。
ダークさえ合えば・・・!


テスト撮影継続中 M100

7日の撮影ではうまくいかなかったRAW16での撮影、14日に再挑戦です。

M100を狙って、ゲイン40で8秒露出をひたすら繰り返し。

そしてまた問題が。
撮影画面を見ていると、けっこう星の像が乱れます。
気流の影響もあるけど、ガイドエラーの修正が入ったときにも乱れてるみたい。
PHDのガイド修正間隔の調整もやってみて、ある程度歩留まり向上が見込めそうなとこまでは行きました。

もう一つの問題。
なぜかダークが合いません。
引きすぎちゃってるみたい・・・
温度、ゲイン、オフセット、露出を合わせているんだけど。
撮像ソフトもSharpCapでやっているし・・・
あとは昼間にダーク撮ったせいか?

てなわけで、仕方なくダーク無しで処理することに。
M100-5x1109
デキはよくないですが、勉強の過程ということで。



満月期にテスト撮影、悪戦苦闘したM57

QHY178Cを購入して、さっそく4/7からテストに入りました。
ピント位置とか、撮像ソフトの使い方とか、いろいろやることがあったので、満月期でも撮影強行。

ピント位置に関しては、リングの組み合わせを確認する程度なので大したことはないです。
タテ位置・ヨコ位置などに関しては、簡単にわかるように線を引くなりしたほうがいいかなぁ、とは思ってます。

問題は撮像ソフトでした。
SharpCapは初めてだったので、あれこれ試して撮影しました。

が、
RAW16で撮ったものをディベイヤーしても色がおかしいとか、画像がほとんど出てこないとか・・・
いろいろ発生しました。
これらは後々原因が分かるんですが、この日はとにかく操作してみるのが目的なので、とりあえずRGB24で撮影しました。

M57
M57

GAINは20にしたり40にしたり、5秒露出にしたり8秒にしたりとやってみました。
OFFSETは200で。
温度は-15℃。

この日はここまで。

RAWでの撮影は次の機会へ持ち越しです。

プロフィール

なまなま

Author:なまなま
主にマクロと天体写真を撮ってます。
どちらも天気次第という被写体なので、撮りためてから出すパターンが多くなるかと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR